マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
 磁気応用と超音波応用
マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】

マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
サッカー
スキー・スケート
陸上
自転車競技
サーキット・カート
マラソン

マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
駐車場
入退室管理(手ぶら)
セキュリティ(防犯システム)
透析抜針予定検知器

マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
ソーラーとの融合/照明
LEDとの応用/表示灯
センサー応用

マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
レールレスシャッター
取っ手レス扉
スイングドア(福祉用)

マラソン計測 タイム計測  【株式会社アクティ】
会社案内
創造法の認定
神奈川工業技術開発大賞応募
お問い合わせフォーム

磁気システム・ビームマグネット・パーソナルタイマーの株式会社アクティ

パーソナルタイマー
 

製品の特長

◆これ迄不可能だった単独での自動計測が正確に出来る。

◆マグネットバーを通過するだけで正確なタイムを計測出来る。

◆手間をかけず複雑な操作を必要としない。

≪ 従来の製品 ≫
■測定用専用機器(光電管など)を設置しなければならなかった。その為それには相当の手間と費用が掛かってしまう。

■往来の計測器では計測者を必要としなければ競技者本人が正確なタイムを計測する事は不可能であった。

■光電管式では天候の影響を受けやすく野外での計測には障害があった。

■競技者以外の者が同じコース内に入ると計測が出来ない。

■ストップウォッチを使って自分独自で計測する方法では競技者本人が押すため誤差が出てしまい一定ではない。

≪ 新製品 ≫
■マグネットバーをコースに設置するだけでタイム計測が出来る。従来競技者本人が各種(ラップ・スプリットタイム)の計測を単独で行える。

■天候の影響を受けにくい。

■競技者以外の者がコースに入っても無関係に計測が出来る。

■競技者は電源を入れて,マグネットバーを通過するだけで正確なタイムの計測が出来る。

環境設定について

環境設定は磁気センサーがマグネットバー以外の磁気の影響を受けないよう計測する場所に合わせて感度を設定します。環境設定をしないで計測すると磁気センサーの感度が良すぎてしまい磁気を感知しやすくなるため,正確なタイムが 測れないことがあります。
※誤動作しないために,ご使用の前に環境設定は必ず行って下さい。

≪ 環境設定をするときの注意点 ≫
@図の様に腕を上げたとき,タイマーの液晶面をしっかり下方向(地面)に向けて下さい。腕を下げた時はA図のように液晶面を上方向に向けて下さい。これを素早く2・3回繰り返してください。

環境設定が終わるまでSTARTボタンはずっと押し続けてください。ボタンを押し続けていないと計測画面になってしまい環境設定ができません。必ず環境設定ができたか確認してから指を離してください。
※上記の点をしっかり行わないと環境設定が出来ていない場合ありますので注意して下さい。

≪ 計測後の注意 ≫
計測終了後は必ず真中の“MEMORY CLEAR” ボタンを押して計測を止めてください。ボタンを押さないうちにベルトをはずしたり動き回ったりすると,誤動作することがありますのでご注意ください。

パーソナルタイマーの使用例
●100mの20mごとのスプリットタイムを計測する場合

右図のように,マグネットバーを20メートル間隔に6本立てます。ここでは,区間A〜Eの各区間のタイムを出します。

−効果−
右記のような計測をする事により,ランナーのウィークポイントとする位置(距離)が明確に出されるので,トレーニングに役立たせることが出来ます。
●走り幅跳びの場合
右図は1999年9月25日にNHK教育テレビ『スポーツ教室』にて放送された際の実施例です。
踏切手前2mのタイムを計測し,その走る速度を割り出し,速度と跳んだ距離の関係を調べる方法です。
右図の方法では,ランナーはどの位置からスピードを加速すれば踏切時のスピードを上げられるかを簡単に計測でき,スピードと飛距離の関係がわかるのです。
★その他,スタートダッシュ等の瞬発トレーニング・連続トレーニング等にも,利用出来ます。

効果的な測定方法
ランナーは加速するとカラーコーン(マグネットバー)から離れようとする傾向があるため,磁気を感知する距離から外れてしまいがちです。
そんなときは,右図のように感知距離にハーフコーンなどを目印として置くと感知距離から外れることなく効果的に計測できます。
感知距離とはパーソナルタイマーの磁気センサーがマグネットバーの磁気を感知できる距離のことをいいます。

感知距離・・・ マグネットバー強力タイプ/約90cm
−測定事例−                   −特徴−

・入学試験の実技テスト              ・設置が簡単      ・正確なタイム測定

・スポーツ選手のトレーニングなどの研究    ・電源が不要      ・単独での自動計測

・学校の体育授業・クラブの練習         ・測定時間の短縮   ・操作が簡単

こんな使い方をすればマグネットバーの磁気がパワーUP!

Copyright (C) 2003-2010 マラソン計測 Actye,Inc. All Rights Reserved.